ブリッジ治療か入れ歯か|高松市の入れ歯の相談

県外より吉本歯科医院にお越しになられたある患者さんのご相談です。
奥歯2本を失われ
2本を繋いで4本分のブリッジを入れておられました。
高松市の総入れ歯
ブリッジを入れたのは数年前だそうです。
「これでまた噛めるようになる!」と
喜んでお食事をされていたそうです。
2~3年たち
だんだんブリッジがグラグラとして
お食事の時に噛むと神経に触るような痛みを感じます。
冷たいもの
熱いもの
甘いもの
以外に
ぬるいお湯を飲んでもキーンとしみるほどにまでなっておられました。
さらにブリッジを入れている反対側の歯まで
グラグラと歯が揺れてきて
痛むようになり歯科医院へ行きました。
すると
「もうこの歯は骨が溶け始めているので
歯を抜かなくてはいけない」
診断されました。
抜いた後は、ブリッジにしましょう
ということになっていたそうですが
今、4本の歯を繋いでブリッジにしている部分が
グラグラしだしてこんなに痛くて噛めないのに
さらに、またブリッジ!!???
急に恐ろしくなったそうです。
 
 
「私のこの歯を抜いたらそのあとはどうなる?」
「もしかして一生このまま噛めないままの状態かもしれない?」
「本当にこの歯を抜かないといけないのだろうか?」
いろいろな
不安が頭をよぎり
ご友人の紹介で吉本歯科医院をお知り下さり、お越し下さいました。
歯を抜かないといけない
この歯はもう抜くしかない
と診断され
その後、多くの方はブリッジ治療を選択されます。
歯医者さんも
歯を抜いた後は「ブリッジにしましょう」というご提案をされる先生も
多いかと思うのです。
歯を失った部分に
入れ歯とブリッジとどちらがいいんですか?」
と先生にご相談されると
ほとんどの先生は
「ブリッジですね」
とおっしゃられます。
その理由は
入れ歯よりも
ブリッジの方が噛んでも痛みを感じなく噛むことができるから
です。
ご自身で外していちいち洗浄しなくてもいいから、です。
脱着式の入れ歯を使うという精神的老化を認めなくてすむから、です。
では
ブリッジとはいったいどういうものなのか?
動画でお話ししておりますので
ご覧下さいね。

Follow me!

噛めない痛い入れ歯のお悩みまずはご相談下さい

何度修理しても噛めない痛い入れ歯、あきらめていませんか?固定式入れ歯という方法をご存じですか?