ブリッジ治療した部分の歯がグラグラしてきた

過去に治療していた歯科医院で入れてもらったブリッジ治療した部分でのご相談でした。

ブリッジ部分で噛むとグラグラしてきて

とにかく痛い

ということでご相談を頂きました。

 

ブリッジ治療はご自身の寿命までもつものだと思っていたのに

こんなにはやく故障するとは思わなかったということ。

 

右(R)下部分に水色の矢印があるのが

ブリッジ治療です。

 

ブリッジをするために両隣の歯を削っているんですね。

大黒柱となる両隣の歯の神経は抜髄治療をして

もうすでに死んでいます。

ですので

柱の強度はほとんど、ありません。

 

強度がない柱で作った橋の上を

大型トラックが重い荷物をたくさん載せて毎日のように

橋の上を走り続けているようなもの、です。

 

壊れてあたりまえです。

 

ブリッジ治療とはどういうものか

将来起こるリスクを先に知って下さい。

Follow me!

The following two tabs change content below.
香川県高松市。かみあわせ専門 吉本歯科医院 院長 歯学博士。歯の神経治療について専門的な情報を発信。四国で唯一の接着歯科学会認定医。歯を削らず虫歯で治す虫歯治療を行っている。歯医者さんが教える歯を失わない話を各地で講演、セミナー実施。放送大学講師

噛めない痛い入れ歯のお悩みまずはご相談下さい

高松市の入れ歯専門歯科なら吉本歯科医院
何度修理しても噛めない痛い入れ歯、あきらめていませんか?固定式入れ歯という方法をご存じですか?