ブリッジ治療はどんな治療ですか?

高松市の総入れ歯

歯が抜けたところに
両隣の歯を削り、3本または、3本以上の歯をつないで被せものをする治療法
それがブリッジです。

ブリッジ(橋)のようになっているので
ブリッジ治療と言います。

ブリッジ治療には
保険がきくものと
保険がきかないもの(自費)があります。
ブリッジ治療のメリットは
金パラ(金銀パラジウム合金)であれば
保険が効くため安価で治療をが受けられます。
しかし
ブリッジ治療も大きなデメリット
あります。
ブリッジ治療のデメリットをお伝えます。
①両隣の健康な歯を大きく削る必要がある
歯の表面の一番硬い部分を削り取ります。
ですので歯の神経に当然近くなります。
歯の神経近くまで削るということは
痛みが出やすくなるということです。
そして痛みが出た段階で
その歯の神経は取るしか方法はありません。
歯の神経を取るとその歯は死にます。
死んだ歯の強度は10分の1まで一気に落ちます。
ですので歯を失う時期がはやまります。
 
②過剰な噛む力により両隣の歯が揺さぶられて抜けてしまう
ブリッジ治療で恐ろしいことは
この噛む力により、歯が揺さぶられ釘ぬきのように
両隣の歯達たちが抜けてしまうことにあります。
ブリッジをかけた歯たちは
歯がないところに橋をかけているわけです。
つまり、
本来であれば
4人か5人でおみこしをかついでいるところを
たった一人で必死でかついでいるようなもの、です。
店員さんが10人で必死で働いていたところを
7人くらいが辞めて
残りの3人で必死で回しているようなもの、です。
そんな状態が毎日続けばいかがでしょうか?
最初のうちは
耐えることができても
すぐに疲労で残りの3人も倒れてしまいます。
そんなものです。
これは自費でも保険でも
同じです。
自費のものにすれば
目立たないとか、色が変わらないとか
そういった見た目での改善はありますが
噛む力に対しては
保険であっても自費であっても
同じです。
多くの方が
ブリッジ治療を選ばれ
その後7~8年後に
「ブリッジがグラグラしてきて噛めない」
「ブリッジが外れそうで痛い」
という状態になります。
しかし、そうなった時には
もう両隣の歯は
グラグラですので
歯を抜かなくてはいけない状態にまでなってしまっている方が
ほとんどです。
歯を失われブリッジ治療を選択される方は
ブリッジ治療をするその前に
ブリッジ治療とはどういうものなのか?を知って下さい。
 
 
両隣の歯を大きく削ってしまってからでは
もう手遅れ、です。

Follow me!

The following two tabs change content below.
香川県高松市。かみあわせ専門 吉本歯科医院 院長 歯学博士。歯の神経治療について専門的な情報を発信。四国で唯一の接着歯科学会認定医。歯を削らず虫歯で治す虫歯治療を行っている。歯医者さんが教える歯を失わない話を各地で講演、セミナー実施。放送大学講師

噛めない痛い入れ歯のお悩みまずはご相談下さい

高松市の入れ歯専門歯科なら吉本歯科医院
何度修理しても噛めない痛い入れ歯、あきらめていませんか?固定式入れ歯という方法をご存じですか?