入れ歯での異物感、違和感がひどい

香川県高松市の
総入れ歯でのご相談をお受けしている
吉本歯科医院の吉本彰夫です。

部分入れ歯での異物感がひどい

違和感がひどい

噛んだら痛くて食事ができない

とのご相談を頂くことは本当に多いです。

 

取り外し式の入れ歯は
残っている歯を金属の留め金(クラスプ)でひっかけ
歯がない部分に歯茎に密着した
プラスチックの床(しょう)を作り
その上に、人工の歯を乗せているもの、です。

 

歯茎の上に
乗っけているだけのものが
入れ歯なのです。

実際保険治療で作った部分入れ歯では
違和感や異物感がないわ

食事をしても痛くないわという方は

まずいらっしゃらないでしょう。

 

そして何より入れ歯で困るのは

入れ歯がお口の中でガタガタ動いてしゃべりにくい
金属(クラスプ)のひっかけが目立って人前で口を開けるのが恥ずかしい

という事かと思います。

 

 

固定式入れ歯は、入れ歯装置を固定してしまいますので

通常の入れ歯のように外れる、ガタガタ動く、ということが

起こりません。

 

年を重ねても、美味しいお食事を味わいたいという患者様に

大変喜んで頂いているのが「固定式入れ歯」なのです。