入れ歯が口の中で動いて噛めない

入れ歯をお使いの方は必ず下記のようなお悩みに直面します。

①調整してもすぐに合わなくなる
②ガタガタして口の中で入れ歯が動いて痛い
③入れ歯安定剤を使わないと落ちてくる
④口の中で動いてとても噛めない
⑤人前で話している時、外れて落ちてしまう

程度の差はありますが、

入れ歯は必ず「合わなくなる」時がきます。

 

入れ歯が痛くなったり合わなくったりする原因は

入れ歯装置そのものが変形したのでしょうか?

多くの方は「入れ歯が変形した」と思い込んでおられます。
実は違います。
変形したのは入れ歯装置ではなく

入れ歯を入れていたあなたご自身の歯茎とその下にあるです。

 

入れ歯装置を使い続けることで

歯茎の下にある骨がやせて溶けていっていることが

合わなくなる原因です。

入れ歯を使っていると骨が溶ける
というお話を聞かれた方もいらっしゃると思います。

詳しくは動画でお話していますので
ぜひご覧ください。